履歴書に大事なのは学歴?志望動機?職歴?

スポンサーリンク

その後の面接に進めるかどうかを決める履歴書です。

就職活動において第一次選考でもあり、最終面接まで使われる重要な書類です。しかし、その書き方の基本については意外と知らなかったりしますよね。今回は、履歴書の基本的な書き方についてご紹介します。

履歴書を購入してから作成

履歴書の最初は押印

多くの履歴書には氏名欄の横に印鑑を押す場所が作られてあります。

㊞と書かれた部分です。手書きの場合、せっかく最後まで綺麗に書けても押印を失敗してしまうと最初からやり直しになってしまいます。斜めになったりズレたり失敗の多い印鑑は初めに押してしまいましょう。㊞など記述がない場合は押す必要はありませんので、履歴書をしっかりご確認ください。

履歴書の基本情報は正確に

次に、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど基本情報を記述します。基本情報は必ず正確に記載しましょう。例えば「○○番××号」を「○○-××」などと省略して書くのは好ましくありません。また、メールアドレスは携帯のアドレスではなくパソコンのアドレスを記載するのが一般的です。記載間違いがあると重要なメールが受け取れないので、一字一句間違えないよう、正確に記載するように気を付けましょう。

履歴書には写真を必ず貼付

ほとんどの履歴書には写真を貼るようになっています。写真は自分を表す重要な情報なので、必ず貼付します。写真は枚数も限られるので書き損じの場合も考え、一番最後に貼る方が良いでしょう。サイズは縦4mm×横3mmが一般的です。写真の裏には自分の大学名と学部、氏名を記載しておきます。万が一はがれてしまっても、誰だか判別が出来るようにするためです。テープではなくノリを使用して、位置を合わせて真っすぐ貼り付けます。

履歴書の学歴は高校入学から

自分がどのような軌跡を歩んできたかを表す学歴は、高校入学から書くのが一般的です。高校名も略さず「○○県立××高等学校 入学」と正確に記載しましょう。大体の人は、高校入学、高校卒業、大学入学、大学卒業見込と書けば問題ありません。履歴書には職歴も書くようになっていますが、学生のバイトは書く必要はないので職歴は「なし」と書き、以上で締めればこの部分は完成です。

履歴書の自己紹介書は一番の売り所

特技や資格、得意科目や志望動機を記載する志望紹介書の部分は履歴書で最も重要です。前もって書く内容を添削し、書く内容を全て決めた後で書き始めます。聞かれていることに対し正確に具体的に記載するのがポイントです。ぎゅうぎゅうに詰めて書いたり、スカスカに開けて書くのは見た目が悪いので、相手に読みやすいよう程よいバランスで記載します。また、資格も正確に記載します。例えば「秘書検定」は「秘書技能検定準1級」と書きます。

\ 経験を積んだエージェントが履歴書作成から手厚くサポート /

まとめ

面接官

履歴書の基本的な書き方についてご理解いただけましたか?

以上のような基本的なポイントを押さえ、相手に分かりやすいよう書くことが出来れば自分をより効果的にアピールすることが出来ます。ぜひ、細かい箇所にも気を配り、面接官の目に留まる履歴書を作成していってくださいね。

スポンサーリンク