Fラン大学でも就職できる!Fランからの逆転方法を厳選紹介

スポンサーリンク

Fラン大学という言葉は聞いたことありますか?

一般的なFラン大学の定義はこちらになります。

(Fラン大学に対して、あまり良いイメージを持っていない方は多いかもしれませんが、国に認められた大学になるため、「入学することが悪い」などといったことはありません。)

偏差値50未満の大学や学部

一つの目安として、日東駒専や産近甲龍よりも偏差値が低い大学が呼ばれています。

Fラン大学の特徴

Fラン大学に明確な定義はありませんが、いくつか共通している特徴があります。

Fラン大学の特徴をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

一般試験で受験する学生が少ない

Fラン大学は、一般試験で入学する学生が少ないという特徴があります。

大学の一般試験とは、各大学が作成した試験の点数によって合否が決まる仕組みのことで、今までの学歴や資格などは評価の対象になりません。

Fラン大学を偏差値50未満の大学と仮定した場合、一般試験で入学する割合は「約26%」です。反対に偏差値50以上の大学の割合は、「約58%」になります。

Fラン大学は、一般試験で入学する学生は全体の約25%で、他の75%はスポーツ推薦や指定校推薦などで入学しています。

退学する学生が多い

Fラン大学は、退学してしまう学生が多いという特徴があります。

Fラン大学を偏差値50未満の大学と仮定した場合は、退学率は「約15%」と言われています。

反対に偏差値50以上の大学の退学率は、約5%と言われていて、Fラン大学の1/3の割合になります。

大学にとって、退学率が高いことをプラスに捉えることは難しいです。入学者数はFラン大学の方が多いということもありますが、退学率が約15%というのは高い数字と考えられます。

Fラン大学でもこれだけはやっておく必要がある4選

Fラン大学に通うべき人の特徴から、たとえFラン大学であっても、目的意識がある方であれば、在学中の努力や行動次第で行く意味は十分にあるということがわかりました。

では、Fラン大学に通うことになった場合、具体的にはどのような行動を起こすのが良いのでしょうか?ここからは、Fラン大学在学中にやるべきこと4選をご紹介します。

  • 長期インターンシップへ複数参加する
  • コミュニティに所属する
  • 知見を深める
  • 専門性を身につける

長期インターンシップへ複数参加する

長期インターンとは、およそ6ヵ月以上の間、実際にビジネスの現場で働く社会人経験のことを指します。

しっかりと給与を得られるため、ただ漠然とアルバイトをするくらいなら長期インターンに参加することをおすすめします。

長期インターンへの参加によるメリットは下記の2点です。

早い段階で実務経験・スキルを培える
・企業選択に役立てられる

長期インターンでは社員と同様の基準で働くことが求められるため、実際に就職する前の段階で、実務経験やスキルを身につけることができます。また、その企業やその職種の仕事内容が、自分に合ったものかどうかを把握することができます。

長期インターンをおすすめするのは、複数の企業や職種に触れることで、実際に仕事選びを行う際により自分に合ったものを選ぶことができ、早期離職のリスクを軽減させることができるからです。

就活の際にも「長期インターンを経た結果この仕事が自分に合っていると実感した」などと伝えれば説得力が増しますよね。長期インターンにはこのようなメリットもあります。

コミュニティに所属する

何かしらのコミュニティに所属することも大切です。

コミュニティに所属することで得られるメリットは下記の2点です。

コミュニケーション能力などを培える
・社会の縮図を学べる

まず、サークルやボランティア活動に参加するなどして人との関わりを深めることで、社会人に必ずと言っても良いほど求められるコミュニケーション能力を培うことができます。

また、将来人をまとめる立場になりたい方などは、積極的に活動に参加し、そのコミュニティをまとめる経験を経ることで、次第にリーダーシップが身につきます

たかがサークル、たかが校外活動と侮ってはいけません。どのようなコミュニティであっても、それはいわば「社会の縮図」といえます。

一つの組織を引っ張ってまとめる経験や、リーダーを補佐する経験は、社会人になってから必ず役立ちます

そしてその経験は就活でのアピールポイントともなりますので、このような経験はしておくに越したことはありません。

読書や映画鑑賞などによって知見を深める

また、読書や映画鑑賞などによって知見を深めることも大切です。

実際に働いていくには、知識や経験がなければどうにもならないことが大半です。

この仕事をしてみたいなどの理想や目標がある場合には、その仕事に関する書籍を読んだり映画を見たり、気になっている業界の人に話を聞くなどして知見を深めるだけでも、その後の仕事の吸収度が一気に増します。

仕事に直接関わりがなくても、今の自分にはない価値観を得ることができたり、今までは考えたこともなかったような生き方を見つけることができるかもしれません。

就職するまでの期間で重要なのは、いかに自分の可能性を広げるかです。自分の可能性を広げるには自分ができることを増やすことももちろんですが、そもそも自分の人生の選択肢をより多く考えることも必要です。

そもそも「この世にはアルバイトとして働く道しかない」と認識していたとしたら、正社員という選択肢を選ぶことは一生できませんよね。だからこそ、知見を深めることが大切なのです。

専門性を身に付ける

就活に入る前にいかにアピールポイントを蓄積しておくかも非常に大切なポイントです。

もし目標となる仕事が明確だという方は、その仕事で役立つ知識やスキルをあらかじめ勉強して専門性を身につけておきましょう

たとえばシステムエンジニアとしてアプリゲーム開発に携わりたいのであれば、まずはプログラミングの基礎を勉強する、といった具合に専門性を高めるのです。

そうすれば他のライバルよりもアピールポイントが増えるため、たとえFラン大学出身でも、その努力と伸びしろを買ってもらえるでしょう

まとめ

新たな環境に身を置こうと考えたとき、誰しも必ず「不安」と出遭うことになります。

本当に自分のやりたいことができるのか、よくない意味での「想像とのギャップ」はないだろうか、自分で務まる業務内容なのだろうか…。「仕事探し」というものがとてつもなく難しいものに思え、孤独を感じている人もいるのではないでしょうか?

「仕事探し」って実は難しくないんです!

仕事を決めるときに必要なのは

「自分の良いところを武器に前向きにぶつかること」

これだけなんです。

「でも自分に良いところなんてないよ~…」なんて嘆いている自信のないあなた!長所や強みは誰しも絶対にあります。あなた自身の可能性のある存在を否定するほどもったいないことはありませんよ。

しかしどうしても自分の良いところや強みがわからないときにはぜひ就活アドバイザーを頼ってください。

他社にありがちな学歴フィルター(MARCH以上など)一切ありません。それだけでなく、利用者の82%がサービスに大変満足しているとのアンケート結果が出ています。(詳しくはこちら

学歴問わず、全ての方に等しく求人を紹介しています。これまで多数の内定者を輩出した確かな実力を持ってあなたの性格を分析、そして安心して働ける求人をご紹介致します。

就活アドバイザーと共に楽しい仕事探しを成功させましょう!

スポンサーリンク