【スプラトゥーン3】勝つための動きができるゲーミングモニター紹介

スポンサーリンク

スプラトゥーン3はTPSゲームのため、敵の視認のしやすさやモニターの応答速度で大きくプレイスキルが変わってきます。

この記事では「スプラトゥーン3をガチでやり込みたい!」という方に向けて、なぜゲーミングモニターが必要なのか、ゲーミングモニターに必要な要素とはなにか、オススメなゲーミングモニターを解説していきます。

スプラトゥーン3おすすめモニター価格(税込/2022年9月現在)
BenQ GL248016,200円
BenQ ZOWIE XL2411K26,800円
Acer SigmaLine KG221QAbmix12,735円

また、これからスプラ3を始める・上達したい方に向けて「スプラトゥーン3におすすめなコントローラー」も紹介しています。

より自分の動きをレベルアップさせたいにおすすめの記事となっていますので、ぜひお読みください。

『スプラトゥーン3』におすすめのゲーミングモニター

以下では応答速度1ms以下の定番モデル・超高性能・格安モデルの3つのスプラトゥーン3におすすめのゲーミングモニターを厳選して紹介します。

また、当サイトで紹介している以外にもAmazonにはおすすめのゲーミングモニターがあるので、気になった方は以下のAmazon売れ筋ランキングもチェックしてみてください。

ゲーミングモニター売れ筋ランキング

【BenQ GL2480】家庭用ゲームの定番モニター

BenQ GL2480 アイケアモニター

「GL 2480」は家庭用ゲームを遊ぶのであれば最適なゲーミングモニターです。

ゲーミングモニターの中では「2万円台」やや抑えめな価格でありながら、「24インチ」+「応答速度1ms」+「ブルーライト軽減」など基本的なゲーミングモニターとしての要素は完璧に揃っています。

リフレッシュレートは75Hzまでですが、SwitchやPS4だと60fpsが最高値なので、大きな影響はありませんが、PCと併用してモニターを使う場合は少し予算を上げて144Hzゲーミングモニターを購入する選択肢もあります。

TVモニターから乗り換えたときには遅延なさに感動すること間違いありません。

BenQ GL2480 アイケアモニター
総合評価
( 5 )
メリット
  • ゲーミングモニターの定番メーカーのBenQ製品
  • 応答速度1msのTNパネル
  • ブルーライトカットモードなどが搭載しているので目が疲れにくい
デメリット
  • PCと併用するのであればもう少し予算を出して144Hzゲーミングモニターを購入するのもあり

【BenQ ZOWIE XL2411K】PCゲームやPS5で遊ぶ人におすすめ

BenQ ZOWIE XL2411K ゲーミングモニター

PCゲームのFPSやTPSなどのゲーミングモニターとして一番に上がるのが「XL2411K」です。
リフレッシュレートが最大で144Hz出力されるので、PCゲームやPS5をプレイするのであれば今まで見たことない快適な描画を体験することができます。

Switchだけで使用するのであれば、144Hzの意味はありませんが、リフレッシュレートを除いたモニターとしての性能だけで見ても『スプラトゥーン3』にマッチしているほど優秀なスペックとなっています。

暗い場面の視認性を高めることができる「Black eQualizer」など様々な機能な搭載されているため、モニターには妥協したくない!という方におすすめのモデルです。

BenQ ZOWIE XL2411K
総合評価
( 5 )
メリット
  • ゲーミングモニターの定番メーカーのBenQ製品
  • PCでも家庭用ゲーム機でも完璧なパフォーマンス
  • ゲームに特化した機能が搭載
デメリット
  • 家庭用ゲーム機でしか遊ばないのであれば144Hzは特に意味なし
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

【Acer SigmaLine KG221QAbmix】格安のゲーミングモニター

Acer SigmaLine KG221QAbmix

2万円台のモニターは予算的にも厳しいという方には「Acer SigmaLine KG221QAbmix」がおすすめです。

モニターサイズが21.5インチと少し小さいのが気になりますが、スプラトゥーン3を遊ぶのであれば十分な大きさではあります。

応答速度は1ms、リフレッシュレートは75Hzと2万円台のゲーミングモニターとほぼほぼ同じ性能なため、機能性としては十分となっています。

また、スピーカーがモニターに内蔵されているため、イヤホンで友達とボイスチャットをしながらスピーカーで『スプラトゥーン3』の音を聞くこともできるため、音響周りの環境が整っていない方にもおすすめのモニターです。

Acer SigmaLine KG221QAbmix
総合評価
( 5 )
メリット
  • 1万円台で購入できる格安モニター
  • 応答速度1ms+75Hzと格安でも十分な性能
  • スピーカー内蔵
デメリット
  • 21.5インチと若干小さめのサイズ
  • 台座が横に広いので占有スペースが多い

ゲーミングモニターは応答速度が速く、内部遅延が小さいものがおすすめ

テレビやモニターが原因となる遅延の大きさは『応答速度』『内部遅延』によって決まります。

ゲーミングモニターはテレビや通常のモニターと違って応答速度が速く、内部遅延が小さいという特徴を持ち、ゲームを遊ぶ環境として最適化されています。

応答速度とは

ゲーミングモニター 応答速度

スプラトゥーン3に使うモニターは『応答速度(単位:ms)』を基準に選びのをおすすめします。

応答速度とは液晶の映像が切り替わるまでの速度のことを指し、応答速度が遅いと画面ブレが激しくなり視認性が一気に悪くなります。数値は低ければ低いほど良く、最近のゲーミングモニターは1ms以下が基本です

内部遅延とは

引用元:エンジニアライブログ

内部遅延とはモニター内部の機器による遅延のことを指します。

内部遅延が大きいと自分の操作がダイレクトに反映されないので、応答速度と共にチェックしておきたい項目です。

あまり表記されることはありませんが、ゲーミングモニターはこの内部遅延の小ささを売りにしている製品もあります。

スポンサーリンク