【徹底検証】『トイストーリー』大人も子供と一緒に楽しめる映画か?

スポンサーリンク

映画「バズ・ライトイヤー」はディズニーピクサーの人気シリーズ「トイ・ストーリー」からのスピンオフ作品で、「トイ・ストーリー」の内容とは全く関係のないストーリーとなっています。

「トイ・ストーリー」シリーズのバズとは違い、こんな感じの人物像で描かれています。

バズの人柄
  • まじめで有能
  • 他人に任せられないという性格
  • 特に新人を教えたり指導したりということは苦手にしている性格

そんなバズが困難に直面したことでゆっくりではあるものの、確実に成長していくヒーロー物語となっています。


今回はこの映画「バズ・ライトイヤー」の基本情報や予告動画や登場人物情報、そして映画のあらすじを分かりやすく紹介していきます。

映画「バズ・ライトイヤー」の基本情報

それでは映画「バズ・ライトイヤー」の詳細あらすじを紹介する前に、映画の基本情報と予告動画、そして登場人物の紹介をしておきます。

さすけ

まずは基本情報をご紹介します

映画「バズ・ライトイヤー」の基本情報と予告動画

ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作「トイ・ストーリー」シリーズに登場した、おもちゃのバズのルーツが明らかにされる長編アニメーション。

「トイ・ストーリー」シリーズを通して活躍したおもちゃのバズは、持ち主アンディの大好きな映画の主人公であるスペース・レンジャーのバズ・ライトイヤーがモデルになっており、本作ではそのアンディが大好きだったいう映画の物語が描かれる。


バズ・ライトイヤーは有能なスペース・レンジャーだが、自分の力を過信したことで、1200人の乗組員とともに危険な惑星に不時着してしまう。

相棒でもある猫型ロボットのソックとともに、全員を地球に帰還させるためのミッションに挑むバズは、個性豊かな新米のジュニアパトロールたちとの出会いを通して、自らの運命を大きく変えていく。


主人公バズ・ライトイヤーの声は「アベンジャーズ」「キャプテン・アメリカ」のクリス・エバンスが担当。

監督は「トイ・ストーリー」シリーズの短編「トイ・ストーリー・オブ・テラー!」「ニセものバズがやって来た」を手がけたアンガス・マクレーン。

引用:映画ドットコム

映画「バズ・ライトイヤー」の登場人物紹介

さすけ

続いて登場人物紹介です

バズ・ライトイヤー

有能なスペースレンジャー。

自身の失敗で全クルーにかけた迷惑を挽回しようと悪戦苦闘する。

有能だが、自身より実力が落ちる仲間、特に新人への対応は上手くない。


声を演じるのはクリス・エヴァンス。

日本語吹き替え担当は鈴木亮平。

アリーシャ・ホーソーン

バスの上司であり、親しい友人。

ウラシマ効果を伴うテスト飛行を、バズが繰り返したことでバズより先に亡くなることになる。

声を演じるのはウゾ・アドゥーバ。

日本語吹き替え担当はりょう。

ソックス

ウラシマ効果で一人時間の経ち方が違うバズを心配し、アリーシャによってバズの相棒となるように設定された猫型ロボット。

声を演じるのはピクサーのアニメーター、ピーター・ソーン。

日本語吹き替え担当は山内健司。

イジー

アリーシャの孫で新米のスペースレンジャー見習い。

突然攻めてきたロボットを相手にバズが戦うのを手助けする。

声を演じるのはキキ・パーマー。

日本語吹き替え担当は今田美桜。

映画「バズ・ライトイヤー」の見どころ紹介

さすけ

「バズ・ライトイヤー」の見どころ紹介します

映画は「トイ・ストーリー」の第一作でアンディがこの映画を見たことでバズのファンになる、という設定になっていますが、そのアンディが見た映画を丸ごと映画にしているという形になっています。

アンディがファンになっただけのことはある、と思わせるバズのアクションと活躍。

「トイ・ストーリー」時代には見ることのできなかった、常に真剣なバズを見ることができます。

しかしその一方で、バズが真剣であればあるほど、おかしく見えるギャグも満載していますので、そういったシーンはぜひ見落とすことがないようにしてくださいね。

また、映画を通して間違いを犯してしまうことは全部が全部ダメなことではない、というテーマが子供たちへのメッセージとなっています。

映画「バズ・ライトイヤー」ネタバレあらすじを分かりやすく解説

それではあなたが気になる映画「バズ・ライトイヤー」の

さすけ

ネタバレ有のあらすじを分かりやすくお届けします

起・バズ・ライトイヤーの失敗

映画の始まりに、

「この映画は1995年、アンディ・デイビス少年が映画館で視聴し、主人公のバズ・ライトイヤーのおもちゃが発売される原因となったものです。」

という説明文が表示されます。

宇宙空間を飛行する巨大宇宙船。

自動飛行していたAIが未確認惑星を認識し、調査のために冷凍睡眠しているスペースレンジャーの一人を起こします。

それがバズ・ライトイヤー

彼は、同じくこの調査ミッションに選ばれた上司で友人のアリーシャ・ホーソーンとともに着陸した宇宙船を出て、地表の調査に出向きました。

彼らの他に、新人のファーザーリングハームスタンも同行しますが、彼は突然伸びてきた惑星に植生している植物の蔦に絡み取られてしまいます。

蔦はバズとアリーシャにも襲い掛かり、蔦以外にも硬そうな外皮を持つ巨大昆虫のような生物も出てきてバズたちに向かってくるのでした。

さらに宇宙船も足の部分を蔦に絡まれ、地中内に引きずりこまれそうになっています。

バズとアリーシャは互いに助け合って蔦と昆虫から身を守り、ファーザーリングハームスタンも救助して宇宙船内に戻るのでした。

危機一髪で宇宙船に戻ったバズは、出力を最大限にして蔦を引きちぎって脱出を図ります。

何とか蔦は切れたものの、無理やり引きちぎったせいで発射角度が低すぎたのでした。

目の前に迫る断崖絶壁に対して懸命に操縦かんを引いて上昇角度を保とうとしますが、ギリギリのことろで崖に接触してしまい、宇宙船は不時着を余儀なくされてしまいます。

結果的に乗組員に被害は出ませんでしたが、冷凍睡眠していた1200名のクルーは全員起こされ、宇宙船の外に緊急避難することとなりました。

アリーシャとバズは宇宙船のダメージを確認します。

そしてワープ航行のために必要な燃料である特殊なクリスタルが完全に破壊されてしまっていたことが分かります。

一度は、この惑星から脱出できないとあきらめますが、宇宙船を修理し、クリスタルを作り出せれば再び宇宙飛行を続けられることが分かり、そのためにこの地で仮の生活基盤を作ることになるのでした。

承・テスト飛行を志願したバズに起こった現実

1年の歳月をかけ、クルーは居住およびクリスタル製作に必要な施設、宇宙船の修理を完了させます。

そしてプロトタイプのクリスタルが完成し、ハイパースペース飛行に適しうるかのテスト飛行を行う日がやってきたのでした。

バズはこのテスト飛行に志願します。

順調にいくかと思われたテスト飛行でしたが、クリスタルは不完全なもので100%のハイパーースピードを出すことができず、逆にテストに利用した宇宙船の動力部を破壊してしまいます。

惑星に戻る軌道から外れてしまい、このままでは永遠に宇宙空間をさまよわなくてはならない危険に直面しますが、バズの機転で何とか無事に軌道に戻ることができ、惑星に帰ってきたのでした。

が、そこで思いもよらないテスト飛行の副作用が明らかになります。

ウラシマ効果という、超高速で移動した物体の周りの時間の経ち方が遅くなるという現象の影響を受け、4分強のテスト飛行のはずでしたが、惑星では4年以上の月日が流れていたのでした。

無事帰ってきたバズをアリーシャは喜んで迎えますが、これ以上のテストは、テストパイロットに多大な犠牲を払わせることになるので、許可できないと言います。

そして、自身を責め続けるバズの身を案じて、猫型ロポットのソックスを送ります。


しかしもともと、クルーたちがこの惑星に足止めすることになった原因はバズが宇宙船を壊したため、という自責の念から引き続きバズはテスト飛行を行う決心をします。

ソックスに正しいクリスタルを作成するための成分割合を計算するように指示し、バズは自分だけ時間に取り残されることを厭わずに、成功するまでテスト飛行を行うのでした。

その間合計で約62年、惑星で暮らす人々はそれぞれの人生を作り上げていました。

アリーシャは、婚約者を見つけ、その相手と過程を作って妊娠し、男の子を出産。

その男の子は成長して無事大学を卒業、パートナーとも40年ずっと連れ添っていたのでした。

そして次に戻った時には、アリーシャは老衰で亡くなっていたことが分かります。

アリーシャはバズに対してメッセージビデオを残し、そこには孫の女の子イジーも映っていたのでした。

転・クリスタルを完成させた結果

アリーシャの死を悲しんでいるバズの前に新しい司令官が現れます。

彼の名前はバーンサイド

バーンサイドはバズに新しい方針を伝えます。

それは基地をすっぽりとバリアで囲み、惑星の植物や昆虫が侵入できないようにして、この惑星で暮らしていく、というものでした。

バズはその方針に反対しますが、聞き入れられません。


しぶしぶ自室に戻るバズ。

そこで再会したソックスからついに求めていたクリスタルの正式な成分割合の計算が完了したことを聞きます。

喜ぶバズですが、そこに保安部員がやってきてソックスの回収命令が出ていることを告げるのでした。

バズは、命令に従うふりをしてソックスを連れて逃亡します。

そしてソックスが導き出した成分割合で作り出したクリスタルも用い、宇宙船を盗み出して勝手にテスト飛行を行うのでした。


テスト飛行は無事成功、クリスタルは宇宙船が光よりも早いスピードでの飛行を可能にさせます。

一方でこのテスト飛行の結果、バズは22年後の惑星に戻ってくるのでした。

クリスタルの生成に成功し、喜んだバズはクリスタルを宇宙船の燃料格納庫から取り出して、司令部に連絡を取って結果を報告しようとします。

が、しかし連絡が付きません。

そんなバズに装甲歩兵がとびかかり、押さえつけて物陰に隠れさせるのでした。


びっくりするバズの前にZの文字を胸に付けたロボットが現れます。

宇宙船を調査していたかと思うと、何やら円盤状の装置を取り付け、宇宙船を転送させてしまうのでした。

そのうちロボットはどこともなく立ち去ります。


装甲に身を包んでいた兵士はイジー・ホーソーン。
アリーシャの孫娘でした。

彼女は新兵のモー・モリソン、仮釈放された囚人のダービー・スティールとともにザイクロップロボットから身を隠していたのです。

イジーの説明では数週間前に突如と巨大宇宙船が現れ、ロボットによって攻撃をしてきた、ということでした。

基地はバリアーを張り、攻撃を耐えているものの、内部との連絡は取れなくなっているとのことです。

イジーはロボットたちが巨大宇宙船によって操られていることを発見し、宇宙船の排除を計画していました。

彼らが見つけた宇宙船を操縦士、巨大宇宙船に攻撃を仕掛けるつもりだったのですが、誰一人として宇宙船を操縦できなかったので、実行に移せずにいたのです。

ここでバズが登場したことで、この計画は実行に移されることになるのでした。


しかしそこにザイクロップのロボットが現れ、彼らを襲います。

バズは懸命に対抗しますが、他の3人の動きは全くバズの助けになっていません。

何とか撃退したものの、その後バズは、実は彼ら3人が正規の防衛隊員ではなく、見習いであることを知るのでした。


ロボットの襲撃で宇宙船が破壊されてしまったため、他の宇宙船が必要となります。

そこで4人とソックスは惑星昆虫の巣となっている格納庫に向かい、そこで宇宙船と先頭に必要な装備を整えた後、バズ一人がソックスを連れて巨大宇宙船に襲撃する、という計画を立てました。

無事に宇宙船にまでたどり着き、バズを除いた3人は隠れていた基地に戻ろうとしますが、昆虫たちに襲われてしまい、宇宙船に逃げ込んでしまいます。

群がる昆虫たちを振り払いながらの飛行のせいで、宇宙船は墜落する羽目となり、その修理パーツを墜落地点近くにある鉱山へと取りに行くことになるのでした。


巨大宇宙船の主、ザークはどうやらクリスタルを狙っているようでした。

ザイクロップロボットがクリスタルの奪取に成功しないことに業を煮やしたザークは彼自身が惑星に降り立ちます。

こうしてザーク自身がバズを追いかけることになるのでした。


鉱山で必要なパーツを見つけますが、セキュリティシステムを作動させてしまい、全員が囚われの身となってしまいます。

度重なる失敗に全員で行動することに対して嫌気がさしていたバズですが、セキュリティシステムのメイン装置を全員で破壊することに成功させたことで、少し彼らに対する気持ちが変わっていくのでした。

さらに失敗ばかりしているモーを慰めるため、自分も駆け出しのころは失敗ばかりしていたことを打ち明けます。

挫折しそうになったバズを助け、支えになってくれたのがイジーの祖母であるアリーシャだったのでした。


宇宙船に戻ろうとした一行の前にザーグが現れます

ザーグの気を引くために3人を逃がしたバズですが、ザーグのねらいはバズ一人。

逆に行き止まりに追い詰められます。

が、逃がしたはずの3人がザーグに対して不意打ちを食らわせたことで逃げ出すことができ、宇宙船にたどり着くことができました。

ザーグは宇宙船に内蔵されているザイクロップロボットを全部起動させ、バスの確保に乗り出します。

全員で地下輪を合わせて追跡をかわしていくのでしたが、最後にイジーの間違いで燃料格納庫からクリスタルを射出してしまいます。

これによって宇宙船は飛行不可能になり、クリスタルはザイクロップによってうばわれてしまうのでした。


もう、どうしようもないと落ち込むバズ。

そこにザーグが現れ、バズも捕まって連れて行かれることになってしまうのでした。

結・ザーグの正体

ザイクロップの宇宙船に連れてこられたバズの前でザーグは自身の正体を明かします。

ザーグは強化ボディスーツで、中は別の時空からやってきた年老いたバズだったのでした。

彼の時空ではハイパースペース飛行に成功したテスト飛行の後、バーンサイド司令官によって拘束されそうになったのです。

そのため、彼らを振り切って再度宇宙へ飛び立ち、ハイパースペース飛行を繰り返していくうちにさらに技術が進化した未来の世界に行きついたのでした。

その世界の技術を駆使し、過去への移動を可能にする装置を開発します。

そして惑星に足止めされることになった事故の時点にまで戻り、事故を起こさずに時間を進めてしまおうと考えたのでした。

仮説に基づいての実験を重ね、過去への移動は可能にしました。

が、その実験の結果、彼が持つクリスタルはパワーを失ってしまい、これ以上の移動ができなくなっていたのです。

そのため、まだエネルギーを十分蓄えているクリスタルを求めて、この世界にやってきた、というわけなのでした。


この申し出に魅力を感じたバズですが、成功した暁の世界について考えた時、イジーのことが気になります。

アリーシャが惑星に足止めされなければ、結婚相手とも巡り合わず、イジーも生まれないことになってしまうことに気が付いたのでした。

今までいっしょに時間を過ごしてきた仲間の人生をすべて消し去ってまで失敗を無かったことにしたいとは思えないバズは、申し出を断る決意をします。


協力を得られないと知ったザーグ・バズはクリスタルを奪うことにしました。

ザイクロップのロボットたちを使ってバズを捕まえ、クリスタルを手に入れます。

が、ザーグ・バズに長年連れ添ってきていたソックスがザーグ・バズの行動に賛同せず、彼を気絶させてバズを助けます。

バズはクリスタルを取り戻した後、宇宙船を破壊して、惑星に戻るという計画を実行に移すのでした。


バズをさらわれたイジーは大変落ち込んでいましたが、飛べなくなった宇宙船に瞬間移動装置の円盤がとりついていることに気が付きます。

モーとダービーを宇宙船に乗せ、円盤を稼働させてザークの宇宙船に移動、バズの救出に向かうのでした。


ザーグの宇宙船に移動した3人は二手に分かれました。

イジーはバズの救出に向かい、モーとダービーは排除に向かってくるザイクロップの足止めを行います。

モーとダービーは苦心しながらもザイクロップ達をブービートラップで壊滅させ、同時に侵入可能な通路をふさぐことに成功したのでした。


ザーグとバズはクリスタルをめぐって、宇宙船のコントロール室で激しい戦闘を繰り広げます。

ザーグの圧倒的なパワーの前に苦戦するバズでしたが、イジーが駆け付けたことでザーグの注意を逸らすことに成功、宇宙船の自爆システムも作動させることができ、イジーの携帯していた転送装置を使って一気に宇宙船のある格納庫に移動しました。


格納庫に移動して脱出を試みますが、準備が整う前に自爆が始まり、テスト飛行に使用していた宇宙船にバズが、もう一台の宇宙船にはイジーとモー、ダービーの3人が乗り込んだ形で宇宙空間に放り出されてしまいます。

バズはクリスタルを宇宙船の燃料室に組み込んで3人の救出に向かうのでしたが、なんとザーグがバズを追いかけて来ており、クリスタルを取り外して奪っていきます。

バズは緊急脱出装置を発動させて船外に出、ザーグが握っていたクリスタルめがけて攻撃をすることで、爆発を誘発させるのでした。

ザーグはこの爆発で宇宙空間に投げ出され、宇宙の彼方へと飛んで行ってしまいます。


バズは緊急脱出装置の一部である羽と動力装置を駆使し、イジーたちの宇宙船に辿り着きます。

そしてそのまま、緊急脱出装置の動力を使って、イジーの操船をサポートし、何とか無事に惑星の地表に不時着させるのでした。


ザイクロップの攻撃が終わったことで基地のバリアは解かれ、バーンサイド司令官に率いられた防衛隊が彼らの前に現れます。

バズは、宇宙船を盗んだ罪で捕まりますが、今回の活躍が認められ、この惑星を基地としたスペースレンジャー隊の隊長に就任することになるのでした。

バズは初代隊員にイジー、モー、ダービーの3人を選び、宇宙の平和を守るスペースレンジャーとして活躍することになります。


映画が終了した後、3つのボーナスシーンがあります。

1つ目はイジーたちが隠れていた施設にいた間抜けたロボットのジョークシーン。

2つ目はエンドロール中ほど、自室にいるバーンサイド司令官が窓の外でバリアによって近寄ってきた昆虫が駆除されるのを見て、ご満悦な表情を浮かべます。

最後のシーンは、映画が終わり、ピクサーランプが登場して完全に終わったと思ったその後。
宇宙に漂うザーグの目に光がともり、爆発後も生き延びていたことが分かるシーンです。

最後に簡単な感想

SFの王道というべきストーリーで、中には小さな子供には少し理解が難しい、例えばウラシマ効果等が使われています。

楽しめないわけではないと思いますが、映画が終わった後、子供に質問攻めにあうかもしれません。

私は9歳と7歳の子供と一緒に見ましたが、二人とも楽しかったといっており、SFではお約束の設定に関しても、質問はありませんでした。

子供だけでなく、大人も見ていて笑えるシーンがあり、家族で楽しく見に行ける映画です。

公開前にニュースで上映禁止にした国がある、と流れており、心配している親御さんもいるかもしれませんが、子供と一緒に見て気まずくなるようなシーンはありませんので、安心して視聴ください。

親子で楽しめる映画

スポンサーリンク