仕事に行きたくない。自分の考え方を自分で変えれば解決します。

スポンサーリンク

朝起きたとき、一番初めに出てくる感情で

「ずっと家にいたい!」「仕事行きたくない」「会社休みたい」

と感じたことはありませんか?

会社勤めをしている方であれば、きっと誰でも一度は感じたことがある感情ではないでしょうか。

さすけ

仕事に行かないと…でも行きたくない…

あなたが仕事に行きたくない原因は以下のようなことではありませんか?

  • 「人間関係がしんどい」
  • 「残業が多い割に給料が低い」
  • 「今の仕事が合っていない」

一人で悩んでも問題は解決することはないので、まずに誰かに相談してみましょう!

誰かに相談することは恥ずかしいことではありません。

上司や友人に相談しにくい時は、転職エージェントに相談してみるのも一つの手段です。

転職エージェントは、求人紹介や面接対策など、転職活動全般をサポートしてくれるサービスです。

まずは、転職エージェントに「今の仕事をやめるべきか?続けるべきか?」と相談してみましょう。

相談したからといって転職する必要もないですし、相談した結果、納得感を持って現職で働き続けることを選ぶ方もいます。

相談しないことで後悔するなら、まずは無料登録して転職エージェントに相談してみることから始めてみましょう。

\ 簡単30秒で簡単登録 /

仕事に行きたくない理由 3選

仕事に行きたくない
仕事に行きたくない

あなたが「仕事に行きたくない」と感じるように、多くの人が、仕事に関して同じような悩みを抱えています。

私もそんな一人でした。私の症状はこちらになります。

朝起きたら仕事に行きたくない。
・会社の最寄駅に着いたらお腹が痛くなる。
・仕事中にめまいがする。

家にいるとき、プライベートの時は大丈夫だったのですが、仕事が関係すると体に異変が出ていました。

SNSを見渡しても、同じような投稿をされていることをよく目にします。

いくつか原因があるとは思いますが、その中から私の経験で感じた3つをご紹介していきます。

原因① 人間関係

人の性格には、どうしても合う・合わないがあります。

最近では職場の人間関係を理由に挙げる人も非常に多いです。

内容や進め方なども大切ですが、それよりも一緒に働くメンバーとの人間関係が何よりも重要です。しかし、苦手だからといっても、一緒に働いている関わりを断つことはできません。そのため、時には「仕事だから仕方がない」と割り切ってしまうことも大切です。

合わない相手とは無理に仲良くしようと思わず、必要な最低限の会話に留めて、割り切った人間関係を築くことをおすすめします。

上司によるパワハラ

最近よく耳にする言葉が【パワハラ】ですよね。

会社での立場を利用して部下に無理難題を押しつけてくる上司は、どこの会社にでも居るものです。このような上司と一緒に働かなければいけない日々が続くのであれば、もちろん行きたくはないですよね。上司や先輩に気をつかい過ぎる人は『社内の雰囲気がよくないのは自分が原因なのかも…』と思い詰めてしまうことがあります。

パワハラの定義

パワハラの定義
引用;厚生労働省 パワハラの定義
パワハラの定義
引用;厚生労働省 パワハラの定義

原因②仕事量が多い

仕事量が多い
仕事量が多い

仕事量が多く、いくらこなしても終わりが見えない場合ってありませんか?

仕事が終わらないのは自分の責任にしてしまい、頑張る意欲も損なわれてしまいますよね。中にはプライベートでも仕事のことばかり考えてしまい、十分に疲れを癒すことができない方もいます。

明らかに自分のキャパを超える仕事を任されていると感じる場合は、率直に「量を減らして欲しい」「誰かに割り振って欲しい」と上司や同僚に伝えることが大切です。心や体が壊れてしまう前に、周りに相談してみましょう。

原因③自分の気持ちを抑えている

仕事に行きたくない
自分の気持ちを抑える

人には個人差があるように仕事の向き不向きがあります。

もし向いていない仕事に就いているのであれば、長期間働き続けることで精神的なストレスになる可能性はあるでしょう。

機械的な仕事が向いているの人、クリエイティブな仕事に向いている人、それぞれ向いていない仕事をした場合、仕事がうまくいかなかったり、面白くないと感じたりするはずです。その結果、思うようにいかないために仕事に必要以上のプレッシャーを感じてしまい、それが原因でどんどんストレスがたまる、モチベーションが下がるといった状態になってしまいます。

「働かざるもの食うべからず」というように、『仕事をしないと生活ができないから働いている』という方は多いのではないでしょうか?労働条件や給料への不満を我慢することにより、少なからず自分の気持ちを抑えることになっています。

\ プロのアドバイザーがカウンセリング /

仕事に行きたくない気持ちを改善する方法 3選を紹介

①期待しすぎない

会社に期待しすぎない

会社というのは働いた対価として給料を貰うところです。

しかし、あなたの身に何かあったとしても、会社は守ってくれません。本当に会社が嫌で仕事に行きたくないのであれば、転職を前向きに考えてみましょう。現在の職場で嫌々働き続けるくらいなら、転職をしたほうがよいケースが多いからです。

仕事が嫌だから転職するのは逃げだと言う人もいます。しかし、そんなことはありません。転職は自分に合った会社を見つけるのが目的です。つまり、非常に前向きな行為なのです。今の会社が嫌なのであれば、我慢せずに転職を決意しましょう。

②休みを取る

少しの間、仕事から離れて気分転換をするのも方法です。

可能であれば、3連休を取るのが理想です。3連休があれば、心身ともにリフレッシュできるからです。好きな趣味などに没頭して、日々のネガティブな感情をリセットしましょう。有給休暇と週末の土日を上手に利用してみてはいかがでしょうか。

しかし、当日いきなり休むのはただの甘えです。
当日休暇は行きたくないから休んだだけでは根本的な解決にはなりません。

会社を休んだ当日はつらい気持ちから若干解放されるでしょう。しかし、翌日も仕事はやってきますし、休んだ分の業務は翌日に回ってきます。冒頭でもお伝えしましたが、同じことを繰り返すことになるわけです。

③本当にやりたい仕事を探す

そして、転職をするときに大切なポイントが、本当にやりたい仕事を見つけることです。

本当にやりたい仕事でなければ、また仕事に行きたくなくなる可能性があるからです。

現在の仕事に行きたくなくなるのは、あなたに合わない仕事だからかもしれません。一度、自分はどのような仕事に就きたいのかを真剣に考えてみてください。

本当にやりたい仕事が見つかる転職支援サービス

しかし、そうは言っても本当にやりたい仕事は、簡単には見つからないですよね。

そこで、おすすめなのが、転職エージェントを活用することです。転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談することで、本当にやりたい仕事を見つけるのです。

\ キャリアのプロ考えてくれる「ポジウィル面談」 /

あなたのお悩みを解決する方法

「上司に辞めると言えない・言いづらい」
「退職を先延ばしにされている」

今の会社を辞めるべきだと思っていても、様々な事情で退職せずに働き続けている人もいるでしょう。

そんな場合におすすめなのが、退職代行です。

退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職の旨を会社に伝えてくれるサービスです。

数万円の料金を払ってサービスを利用すれば、「辞めたいけど会社に顔を出したくない」という悩みを一発で解決できますよ。

あなたの希望を叶えるために無料相談をお気軽にご利用ください。

\ あなたの自由と人権を守る /

スポンサーリンク